ABCヒストリー

沿革

  • 1976 09月

    四谷にて有限会社アートブレーンカンパニー設立。

  • 1985 10月

    本社を中野新橋へ移転。

  • 1986 12月

    LED照明機器を扱う会社として、有限会社システムアートを設立。

  • 1992 07月

    中野区弥生町に自社ビルを建設。事務所兼倉庫とする。

  • 1994 01月

    株式会社アートブレーンカンパニーへ組織変更。

ABCストーリー

1976年、創業。

1976年は、有限会社アートブレーンカンパニーが四谷にて設立された年です。
その社名について、森田会長は「Artとは、もちろん芸術です。感性を磨き個性を伸ばし、一流を目指すこと。Brainとは、頭脳・知能です。頭を使って考えぬき、社会性を高めてお客様に喜んでいただくこと。Companyとは、仲間です。続きをみる

1976年、創業。

その意味を強く意識して、チームワークをもって作品のレベルを上げること。中でも特に仲間ということについて、嫌いな人間を好きにならなくてもいいですが、チームワークを組める人間関係を大切にすることを伝えつづけてきました。」と言います。

ジャンルに関係なく、どんな仕事もベストを尽くしてスポンサーやお客様に喜んでいただけるように相手を理解し、提案し、努力を続けていくABCが、ここから始まりました。

1977年、萩原健一のコンサートにて。

誰もやらないんだったら、私たちが最初にやる。

それは、1977年のこと。先日他界されたショーケンこと萩原健一さんのコンサートが東宝の撮影所で開かれました。そこで、おそらく照明では初めての試みが行われたのです。森田会長は当時を「ABCは、批判されるようなことをいっぱいやってきましたね(笑)。続きをみる

1977年、萩原健一のコンサートにて。

当時は“目つぶしライト”と呼ばれていた客席に向かってのライトは、お客様を冒涜しているとまで言われましたから。」と振り返ります。「でも、せっかく大きなライトがあるんだから、真後ろに置いてエンディングでドカーンと点けて、そのまま光の中をショーケンがステージから降りていくという演出をしたんです。お客様からのアンケートには“雲の上を歩いているみたいに見えて、きれいだった。”という声が、いっぱい書かれていて。業界の人たちの方が、むしろ保守的だったんですよね。」誰もやらないんだったら、私たちが最初にやる。いつも先駆者としてABCが始めたことが、今ではあたりまえのことになっている事例が、たくさんあるのです。

1966年、ビートルズの記者会見の裏側で。

「裏側の話だけどね…」と謙遜する森田会長に話してもらったのは、1966年に来日したビートルズの記者会見の照明の話。その会場になった当時の東京ヒルトンホテルの調光室にいたのが、まだ学生だった森田会長でした。「当日もスター・ヒル・クラブでの仕事があったのですが、いつもより警備が厳しくて。続きをみる

1966年、ビートルズの記者会見の裏側で。

社員じゃない私が中に入るのは大変でしたが、ホテルのセキュリテイの担当者が出てきてくれました(笑)。仕込みから手伝って、ほんの少しアドバイスをさせてもらっただけですが、調光室から見ていた記者会見のことは、よく覚えています。メンバーたちが入ってくる前に明かりのイメージを話して、実際にフェーダーを上げたのはエンジニアの方でした。」と話す森田会長。日本のエンターテインメントの歴史的な瞬間に関わっていたこと。それを自分からは自慢話にしないこと。そこにも、確かなABCらしさが見られます。

きれいな手 きれいな器材 きれいな配線 きれいな仕事

お客さまのために、私ならこうやる。

森田会長はABC創業の前から器材・機器を大切に扱うことに、こだわりつづけてきました。続きをみる

きれいな手 きれいな器材 きれいな配線 きれいな仕事

「業界の古い考え方の中には“器材は傷ついてもいいんだ” というものがあったのですが、私はそれが嫌だったんです。まだプラダンも なかった時代で、器材を守るためにメーカーにダンボール箱だけ売って もらえないかと交渉しても最初は断られました。“前例がない”って。でも、 例えばフロアのショーでは、器材や配線はお客さまからも見えるわけで、 それを大切に扱うことは、あたりまえのことだと思っていました。森田さんのとこは器材がきれいだからって、わざわざショーの仕事をうちに回してくれたりする人も出てきたのです。」

その姿勢は、業界へと広まっていくことになります。「例えばハイエースの荷室に一つの劇場分の器材を載せる時、箱に入れようとしても全部は入らない としたら、裸の器材を傷つけながらガチガチに積み込むのと、丁寧に箱に 入れて2台で運ぶのと、どちらが本当の意味で経済的で信頼につながるか。 それは自分たちの仕事のレベルを上げていくことなんですよね。まだ駆け出し の頃、ある大道具の職人さんに“のこぎりを貸してください”と言っても、 貸してもらえなかった。“商売道具は、俺たちの命みたいなものだから”って。 なるほど、それが私たちにとっては、器材なんですよね。」

きれいな手で、きれいな器材で、きれいな配線で、きれいな仕事をする。ABCの土台とも言えるこの企業姿勢は、近年の現場でもブラジル人のDJから「配線ケーブルの美しさが素晴らしい!」と言われるなど、私たちの手に受け継がれているのです。